年齢別のリスクと確率

35歳以上の年齢で出産する場合、高齢出産とされています。高齢出産は、20代の出産に比べると、出産だけではなく、妊娠中や胎児などに問題がおこる可能性が高くなります。

高齢出産のリスクのひとつは、流産です。染色体の異常が原因で、初期に妊娠することは多く、その割合は1割程度といわれています。ところが、35歳以上の年齢になると、流産する確率は20パーセントにものぼるといわれています。これは、卵子が老化することや、先天的な異常によるものです。

また、卵子の異常にともない、染色体の異常がみられる確率が増えるのも高齢出産の特徴です。40歳以上になると、その確率はさらにアップします。35歳以上の妊娠に、ダウン症が多いといわれるのも、この染色体の異常によるものです。

妊娠高血圧症候群とよばれるリスクが高まるのも、高齢出産に多いものです。これは、むくみや蛋白の尿、高血圧のどれかが出るものです。妊娠高血圧症候群を防ぐためには、早期に発見をしたり、栄養指導を受けることです。

そして高齢出産では、さまざまなリスクにそなえて、帝王切開になることも多くなります。帝王切開の場合には、自然分娩に比べると、回復までに時間がかかることや、傷口が残るなどのリスクもあります。また、入院も自然分娩に比べると長期になります。

20代に比べると、35歳以上はどうしても基礎体力も落ちてしまうため、産後の子育ても大変となります。夫と協力して乗り越えることが大切です。