人工授精と子供の自閉症

高齢出産の場合、不妊治療を利用して人工的に妊娠するケースも少なくないために、その弊害として子供が自閉症になりやすいという傾向が見られます。高齢出産の一ケースとしては、人工授精によって子供が自閉症になる確率が飛躍的にアップしてしまいます。

アメリカの研究によれば、母親の年齢が5歳上になるにつれて高齢出産の確率が高くなるといいます。女性のケースばかりが言われてしまいがちですが、男性の場合も同様であり、40歳の父親と30歳の父親から生まれる子供が自閉症になる確率というのは6倍にもなるそうなのでかなりリスクが高いことが分かっています。

最近では女性の社会進出の影響からどうしても高齢出産になりがちであります。しかしながら、すべてがそうというわけではなくて症状の程度が異なります。ただ、社会の変化にともなって医療技術が進歩しており、発達障害に関する治療方法が開発されて年齢に合わせた治療を行えるようになってきているのでそれほど心配するほどでもありません。

発達障害に関する治療方法や研究は日進月歩という状態で、精神的な要因や脳機能の問題が次々と発見されているのでそれに合わせて新薬が開発されているといった状況です。少し子供の発達が遅い、または少し様子がおかしいところがあると感じた場合には医師に相談して検査を受けて、正しい治療を受ければ将来的に社会生活に支障をきたすことなく生きていくまでには改善することができます。