胎児の障害発見のための検査の危険性

高齢出産出はいろいろとリスクがあると言われており、妊娠中に罹りやすくなる妊娠中毒症や流産に気を付けなければなりませんし、一番気になるのは胎児の障害についてではないでしょうか。

高齢出産において心配な胎児の障害というと、先天異常のなかでも染色体異常であるダウン症があげられます。ダウン症の子供は高齢出産のケースでなくても生まれてくることはありますが、35歳以上での出産ではその発症率が高くなるのです。

最近では出生前診断でダウン症か否か判断できるのですが、これが最後の妊娠だと言う事でリスクを承知で検査を受けず出産に臨むと言う妊婦さんもいるようです。

ダウン症がなぜ発症するのかは、両親のうちどちらかに染色体の異常がある場合もありますが、それ以外は偶然そのような異常を持ってしまうこともあります。どちらも防ぐことはできないのですが、高齢出産の場合は卵子も加齢によって健康ではない状態になっており、損傷した卵子の受精卵であれば染色体異常を生じる可能性があるのです。

胎児に障害があるかどうかの出生前診断は、妊婦さんの負担がない超音波診断、血液から判断する血清マーカー検査の他に、より正確に判断することができる羊水検査や絨毛検査があります。

羊水検査では母体から羊水を摂取して検査しますが、流産や死産する可能性もあるので、この検査を受ける前に負担の少ない検査を行い、それでも納得できない場合に行うのが良いかもしれません。