病院の探し方と優先すべきポイント

最近は40歳代の女性でも出産を希望する方が増えています。このような高齢出産の場合、助産院などは断られることがあります。助産院は自然分娩を基本としていることが多いため、高齢出産のようなリスクの高い出産に適合した医療設備が整っていない場合があるからです。

そのため、安全を第一に考えて、安心して出産することができる病院を探すことが大切になります。探し方としては、第一に自宅からできるだけ近い病院を探すことです。妊娠初期には悪阻がありますし、妊娠後期になると大きなお腹で検診に行くことになるからです。旦那さんが自家用車を運転して毎回連れて行ってくれるならともかく、公共交通機関やタクシーを使うとなれば、遠くまで通うことは難しくなります。

病院を探す際に考えるべきことには、高齢出産がリスクのある出産だということです。そのため、医療設備の整っているところを探す必要があります。

しかし、単純に医療設備だけで判断もできません。医療設備の面では総合病院の方が整っていますから、安心して出産することはできますが、担当医師が最後まで同じ医師とは限りませんし、患者さんも多いために検診に来ても待ち時間が長くなります。それに、都合よく自宅の近くにあるとは限りません。

その点では、個人病院の方が数が多い分、自宅の近くにあることが多いですし、個人経営ですから担当医師は出産まで同じ医師になりますので、コミュニケーションがとりやすく、安心して任せることができます。但し、緊急時に対応してもらえるかどうかを確認しておく必要があります。