高齢出産とダウン症の関係

現在では女性の晩婚化という傾向があるため、自ずと女性の初産の年齢も遅くなっているのが現状です。そして、子供を二人、三人とつくるにつれてやはり高齢出産の傾向が高まっています。

今では40歳を超えてから子どもを産む方もとても多くいらっしゃいます。高齢出産を語るときに、やはり切っても切り離せないのがダウン症の問題でもあります。ダウン症の子どもが生まれてくる原因は、実のところ未だ解明されていないので、防ぎようがないのが現実です。

しかし、原因のひとつに卵子の劣化というものが絡んでいるのはおそらく間違いがないと言われており、やはり高齢出産はダウン症のリスクを高めるということは科学的データとしてあります。

日々の生活の中で新たに作り出すことができる精子とは異なり、卵子は女性が生まれたときに持っているもので、新たに作り出されることは残念ながらありません。つまり、女性は生きているだけで卵子が劣化していくというのが現実なのです。

ですから、ダウン症をできる限り防ぐためには、なるべく新鮮な卵子で妊娠をするしか今のところ方法はありませんが、女性の社会進出やライフスタイルの変化もありますので、誰しもが若いうちに結婚をして若いうちに出産できるわけではありません。

現在では妊娠中に血液検査を受けることによって確率を出したり、さらには羊水検査を受けることでお腹の子供がダウン症か否かを知ることも可能です。ですが、これによって堕胎手術を受ける妊婦さんが増えている事実もあり、これは命の選別になるのではないか、と一部批判が出たりもしていますので、大変難しい問題なのです。