リスクを減らすために葉酸を摂取

post-folic-acid

最近は高齢出産も珍しくなくなってきました。高齢だと妊娠するのに時間がかかるのは仕方ありません。年齢ともに卵子の数が減り、健康な状態の卵子の率も少なくなるのです。しかし妊娠をすればそこから先は高齢だからといって過剰な心配は不要なのです。

確かに受精卵の染色体異常の確率は増えます。それ以外の高齢出産のリスクは加齢に伴う筋力の低下、体力の低下、高血圧などです。これらは母体に多大な負担かかかるだけでなく、赤ちゃんの成長にも悪影響を及ぼします。

妊娠をするのにも、妊娠を継続して無事出産するにも十分な栄養摂取が必要です。妊娠初期には葉酸という成分が特に必要になります。妊娠初期は細胞分裂が活発な時期で中枢神経系は妊娠7週までに出来上がります。葉酸が不足していると中枢神経系の異常が出やすくなるのです。

妊娠に気付くのは早くて妊娠5週くらいです。気付いてから葉酸を摂取するのではなく、妊娠前から摂取しておいた方が安心です。食事からでは十分な量を摂取することができませんので、サプリで摂取することが安心です。全ての妊婦に必要な成分ですが、高齢出産のリスクを少しでも減らす為にも葉酸を摂取しておくことです。

その他、妊娠を目指したその日から健康に気をつけて体力筋力をつけ、体内のコンディションを整えておくことが重要です。葉酸を摂取して健康な身体を維持し、妊娠することが出来たのならば高齢出産への過剰な心配は不要です。心配しすぎず精神的に落ち着いて妊娠時期を過ごすことは、母子ともに良い影響を与えます。