妊娠高血圧症候群のリスク軽減のために

妊娠高血圧症候群は、以前は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、2005年に日本産婦人科学会により高血圧症候群と改められました。妊娠によって母体の血管や腎臓などに負荷がかかり、母体が適応できなくなって起こると考えられています。

高齢出産の場合は妊娠高血圧症候群になりやすいと言われ、34歳以下の妊婦の発生率が11%程であるのに対して、40歳以上の妊婦では約30%というデータが報告されています。

具体的な症状としては、高血圧と尿たんぱくが挙げられます。これは、年齢に伴う血管の老化により血管内皮細胞が障害を受けやすくなり、高血圧、腎炎などの内科疾患を発症しやすくなることが原因と考えられています。

もともと肥満体質だったり、妊娠中に体重が増えすぎてしまった場合や糖尿病・高血圧・腎臓病などの持病がある場合はもちろんですが、ストレスの強い仕事を妊娠後期まで続ける場合にも発症しやすくなると言われていますから、高齢出産の場合は特に注意が必要です。妊娠中にカロリーの高いもの、塩分の強いものを摂取しないように、バランスの良い食事を心がけることが、妊娠高血圧症候群の予防につながります。

重症化すると、頭痛、耳鳴り、ほてりなどの症状のほか、けいれん発作が起こる場合もあり、母体に危険が伴います。さらに、子宮へ流れる血液の減少により胎盤の働きが低下し、胎児の成長が妨げられる危険性があります。

このように、高齢出産のリスクを軽減するには、バランスの良い食事をとって規則正しい生活をするように心がけることが大事です。