最終手段としての人工授精

三十代後半や四十代になり、なかなか子供ができない場合には人工授精を選ぶケースも少なくありません。実際に高齢出産をする方のうち人工授精の割合は他の若い世代よりも多いのです。

人工授精とは母親と父親から卵子と精子を取り出し、体の外で受精をした後受精卵を母体に戻して育てるという方法です。精子もただ闇雲に受精させるのではなく洗浄などをしてその中から特に元気なものを選別した上で受精を行うのです。この方法ですと確実に受精という段階は突破することができます。

自然の妊娠の場合ですとタイミングが合わなければなかなか受精しません。また女性が三十代後半の場合ですと受精する確率も若い方に比べて少なくなるのです。そのためになかなか妊娠しないのです。

ただこの人工授精を使えば確実に出産できるというものではありません。高齢出産の場合にはいくら受精卵が胎内に入っても流産をしてしまうこともあるのです。ですのでそのようなリスクもあるということを知ってから利用するようにしてください。

また人工授精の場合は成功しても失敗してもお金はかかります。何度も何度も行うこともできませんので賭けになるのです。高齢出産でもどうしても自分の子供が欲しいと思った場合の最終手段だと思ってください。

成功する確率は昔に比べてかなり高くなっているものの確実な方法ではありません。またこの治療は専門の施設にてする必要があります。人によっては合わない場合もあるので注意が必要です。

人工授精の方法・確率・費用