高齢出産では流産のリスクが高まります

今女性の社会進出が普通となったため、全国で結婚をする年齢が上昇しました。そのため子供を授かる年齢があがり高齢出産が増えました。

高齢出産では流産をする可能性が高くなります。高齢出産の場合は卵子の質が下がり、減数分裂が正常に行われないことが稀にあります。そのためうまく育つことができず結果として流産をしてしまいます。

流産をする原因は母体にあるのではなく、子供にあると言われています。したがって自分を責める必要はなく、体をやすめることがなによりも大切となります。高齢出産は若いときの出産に比べて様々なリスクを負います。したがって徹底した管理を行う必要があります。体力的にも高齢の場合は若い年齢にくらべて疲れやすいため出産をしているときもリスクが伴います。そのため旦那さんの支えがなによりも重要となります。

流産をしてしまった場合、精神的なダメージを追ってしまう母親が多く、周りの人が支える必要があります。また手術が必要になった場合は体力的にも精神的にもダメージを負ってしまうため旦那さんの支えが必要です。大事なことは二人で乗り越えることであり、年齢的に可能な場合はまた妊娠をすることもできます。

子供を授かるためには二人で同じ気持ちで妊娠するために行動する必要があり、早ければ早いほど子供を授かることができる可能性があがります。一人が妊娠をするために頑張るんのではなく二人で子供を授かるために努力をすることがなによりも大切です。