流産や中絶の可能性をはらんでいる

今結婚をする年齢が上がったため、高齢出産をする人が多くなりました。高齢出産では様々なリスクを伴い、流産をする可能性も高くなります。流産をしてしまう原因は胎児にあり、正常な受精をすることができなかったことが原因と言われています。

一般的に年齢があがるほど流産をする人が多くなります。また妊娠を継続している間に胎児に障害をもっていることが分かるときがあります。生まれてくる前に自分の子供に障害があることがわかった場合は中絶をする親も少なくありません。産んだあとに育てることが難しいことが予想された場合や、障害児ではなく正常な子供を望んでいた場合は中絶を選択する夫婦もいます。

高齢出産ではこのようなリスクが高くなるため高齢になってから子供を作る場合はこのようなリスクがあるということを理解してから子作りをする必要があります。

また子供が欲しいと思った場合はできるだけ早く子作りをする必要があります。若い年齢ほど卵子の質がよいため正常な受精をする確率が高くなります。重要なことは夫婦が揃って子供が欲しいと思うことです。そうすることで早く子供を授かることができます。また若く妊娠したほうが中絶をする可能性も減らすことができます。

結婚をしたときの年齢が高い場合、子供が欲しい場合はすぐに子作りを始めることが重要です。出産をした後の生活を考えたときもできるだけ早く生むことが望ましいとされています。大事なことは夫婦そろって妊娠するために行動することです。