卵子提供の費用と可能性

post-provide-egg

妊娠を望んでいる夫婦の中には、なかなか妊娠できないという悩みを抱えている人達がいます。原因は様々ありますが、中には女性の卵子に問題がある場合が出てきます。こういった時に、どうやって妊娠したらいいのか?という考えを持つ人と、妊娠は諦めると考える人がいます。

どうしても妊娠したい!そう思った人達というのは、自分の卵子が無理ならば他人の卵子を提供してもらおうと考える事があります。実際にそういった方法で妊娠をする人もいますので、卵子提供というものが存在しているのです。

卵子に問題があって妊娠できないとは?

卵子に問題があるというのは、卵巣を病気で摘出してしまい卵子の生成が無くなったという場合や、早期閉経や排卵が終わってしまったと言う場合の事をいいます。

卵子提供は日本で行われているの?

卵子提供というのは厳しい規定がありますので、日本ではなかなか実現ができないという部分があります。まず卵子の提供は親族や知人で見つけなければいけないという事や、卵子提供ができる指定医療機関が少ないという問題があるからです。

今までに卵子提供をして妊娠から出産というケースは、日本国内では数十件しかないと言われています。

どこで卵子提供を受けられるの?

日本での規定はなかなか厳しいものがあるという事で、卵子提供を望む人は海外へ目を向けることとなります。多くの場合はアメリカ・タイ・台湾といった場所で卵子提供を受けています。

日本にも卵子提供をする為に渡航するサポートをしてくれる団体が存在しています。そういった所からのサポートを受けつつ渡航するのが、今現在の日本人の卵子提供パターンとなっています。

日本と海外での卵子提供費用

日本で行われている卵子提供は、検査などをするだけでも100万円程度必要となってしまいます。そのあとに体外受精などをして治療費用として1回で150万円程度かかってしまいます。

海外ではまた費用が異なっており、アメリカでの医療費用はかなり高額で1回の卵子提供で500万円以上は必要だと言われています。タイ・台湾の卵子提供費用はアメリカと比較すれば安価ですが、それでも300万円程度は必要とされています。