高齢出産の現実と人生設計

最近、テレビなどでよく40代の芸能人が第一子を出産したなどというおめでたいニュースが聞こえてきたりします。40代で初産なんて一昔前の日本では考えられなかったことです。今では女性が当たり前のように大学に進学し、男性に負けないくらい正社員として働くことも珍しくない時代になり、晩婚化や高齢出産が目立つようになってきました。

女性の出産適齢期は20代半ばから30代前半ですが、そのころはちょうどキャリア形成として重要な時期なので、出産を後回しにする女性がとても多いのです。

しかし、いくら医療技術が進歩しても私たちの体は昔と変わっておらず、妊娠できる年齢には限界があり、それを過ぎると染色体異常などのリスクが格段に上がります。35歳以上で初産をすることを高齢出産と言いますが、高齢出産だと体力的に大変なことはもちろん、無事に生まれるまで染色体異常の心配をし続けなければなりません。事前に出生前診断をすることもできますが、難しい選択を迫られることにもつながります。

流産や早産の確率も20代に比べて上がりますし、何かと心配事は多いと思います。もちろん高齢出産も悪いことばかりではなく、金銭面や精神面でゆとりがあるなどメリットもありますが、真剣に子供を望んでいるのであればやはり第一子は30代までに産んでおくのが理想的と言えるでしょう。

今は予定がない人でも、すぐに妊娠できるように体のコンディション作りをしておくことをおすすめします。